慶長小判金・小判・江戸座・京座・駿河座の買取は大阪の買取龍馬くん


慶長小判金・小判を座高価買取いたします。大阪の買取龍馬くんに是非お問い合わせください。 買取龍馬くんは全て独立自営です。
慶長小判金・小判・江戸座・京座・駿河座の買取は大阪の買取龍馬くん

慶長小判金・小判・江戸座・京座・駿河座の買取り

金買取なら大阪の買取龍馬くん>慶長小判金・小判

買取龍馬くん店舗情報

金買取の買取龍馬くん

ロレックス買取・ROLEX買取の買取龍馬くん

切手買取の買取龍馬くん

慶長小判金・小判・江戸座・京座・駿河座の買取

慶長小判(けいちょうこばん)とは江戸時代の初期すなわち慶長6年(1601年)より発行された小判で一両としての額面の計数貨幣である。また慶長小判および慶長一分判を総称して慶長金(けいちょうきん)と呼び、一般的には慶長大判も慶長金に含めることが多い。さらに慶長銀と伴に慶長金銀(けいちょうきんぎん)と呼ばれ、徳川家康による天下統一を象徴する、江戸幕府による初期の貨幣として重要な位置を占める。慶長金の初鋳は銀座が設立され慶長銀の鋳造が始まり、幣制が成立した慶長6年と同時期とされるが、前年の慶長5年(1600年)より既に鋳造が始まっていたとする説もある。

慶長小判金・小判を収集家に直接販売させて頂く為プレミア価格でのお買取をさせていただきます。

品位(千分中)・・・金857/銀143
量目・・・17.73グラム
鋳造期間・・慶長6年〜元禄8年(1601〜1695)
特徴・・・光次の書体が他と異なる

慶長小判金のデザイン


デザイン表  
慶長小判金・小判・江戸座・京座・駿河座の買取

表面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれ、上下に桐紋を囲む扇枠、中央上部に「壹」下部に「光次(花押)」の極印、裏面は中央に花押、下部の右ないし左端に小判師の験極印、さらに吹所の験極印が打印されている。小判師の験極印一個のみで吹所の験極印が打たれていないものも少なくない。裏面の花押は正徳小判および享保小判より大きく全体的に素朴なつくりである。茣蓙目の細かいものは前期、粗目で均質な製作となった元禄金に類似するものは明暦の大火以降に鋳造されたと推定され後期鋳とされるが、約95年に亘る発行とはいえ初期に多量に鋳造され、その後産金の減少に伴い鋳造が衰退したと推定されることもあり、現実に後期のほうが現存数は少ない。また、極印および製作などにより「江戸座」、「京座」、「駿河座」などに分類されることもあるが根拠に乏しく、鋳造地別の分類は未解明である。関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は幕府設立に先立ち、貨幣制度の整備を重要課題の一つとし、後藤庄三郎光次に全国流通を前提とした小判の鋳造を命じた。慶長期は小判師が吹屋職人を率い、各自で製造した判金を後藤役所に持参し、品位および量目(質量)を改めた上で極印の打印を受け両替商に売却することにより発行されるという、いわゆる「手前吹き」という形式であった。後藤役所(ごとうやくしょ)および小判座(こばんざ)は後に金座と呼ばれるようになる。

旧20円金貨・明治金貨の買取

旧20円金貨・明治金貨の店頭買取は買取龍馬くん
旧20円金貨・明治金貨の宅配買取は買取龍馬くん。
旧20円金貨・明治金貨の出張買取は買取龍馬くん


 

金買取の情報

買取龍馬くんフリーダイヤル 簡単・買取査定はこちら 楽々!宅配買取 リピーターさんの多いお店・買取龍馬くん店頭買取 金買取・買取龍馬くん・お客様の声 大阪・兵庫の新築一戸建て・仲介手数料無料